ALSOK 宮崎綜合警備株式会社
リンク ご利用規約 プライバシーポリシー サイトマップ
サービス・商品 セキュリティ導入手順 会社案内 採用情報 資料請求・お問い合わせ
資料請求・お問い合わせ
個人のお客様
法人のお客様
アクセスマップ
お客様サポート
CSR 地域・環境への取り組み
暴力団等反社会的勢力排除宣言

お知らせ・プレスリリース

プレスリリース 弊社受託の空港保安検査業務に関する行政処分ついて(お詫び)
令和2年4月21日

関係各位
宮崎綜合警備株式会社

 弊社が受託実施いたしております宮崎空港空港保安検査業務に関する事案の発生については、監督当局である宮崎県公安委員会による調査等を受けた後、この調査結果を踏まえ令和2年4月13日付けで下記内容の「指示処分」を受けました。今回の事態について改めて深く反省するとともに、再発防止に向け全力でコンプライアンス体制を含めた内部管理体制の再構築に努め、空港保安検査業務を適正に実施してまいります。
 日頃から弊社を信頼しお取引いただいておりますお客様ならびに空港をご利用となる県民の皆様など関係するすべての皆様に重ねてお詫び申し上げます。
 なお、事案発生に伴う関係役員および当事者の社内処分につきましては、社内規程に基づき厳格に実施いたしました。

1 「指示処分」の内容
(1)法令で規定された警備員を配置しての警備業務の実施
(2)具体的な再発防止方策を記載した書面の作成
(3)保安検査業務および施設警備業務について、各警備員が担当した業務内容等を記載した実施結果報告書を90日間作成

2 実施中の再発防止策の内容
(1)検査員および資格者の育成、増員
 部内に専任の教育担当を配置し、効果的な資格者教育を実施しております。

(2)配置計画策定業務のシステム化
 現在、システム会社と配置計画等作成システムを構築中であります。なお、システム化実現に至るまでは、本部役員による配置計画の事前検証および1日2回の配置確認を継続実施いたします。

(3)実効性の高い監査の実施
 監査規程を改正し、無予告による機動監査の実施を盛り込んだ監査体制といたしました。

(4)コンプライアンス教育の充実強化
 全社的なコンプライアンス教育について、外部講師の活用を含め定例実施しております。

(5)組織の見直し
 コンプライアンス強化の主管部所としてコンプライアンス統括部を新設いたしました。また、コンプライアンス委員会について、外部有識者を中心とした組織に改編し、客観的な視点で評価、助言勧告が受けられる体制といたしました。
以上


この件に関するお問い合わせ
宮崎綜合警備株式会社
担当:管理部 外山(トヤマ)
TEL:0985-50-9191

前のページに戻る

トップページ ページの先頭へ

ホームサービス・商品セキュリティ導入手順会社案内採用情報アクセスマップお客様サポートリンクプライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (c) 2011 Miyazaki Sohgo Security Services Co.,Ltd. All rights reserved.