ALSOK 宮崎綜合警備株式会社
リンク ご利用規約 プライバシーポリシー サイトマップ
サービス・商品 セキュリティ導入手順 会社案内 採用情報 資料請求・お問い合わせ
CSR地域・環境への取り組み
あんしん教室
ありがとう運動
ECOアクション
資料請求・お問い合わせ
個人のお客様
法人のお客様
アクセスマップ
お客様サポート
CSR 地域・環境への取り組み
暴力団等反社会的勢力排除宣言

CSR地域・環境への取り組み

ECOアクション

地球温暖化や廃棄物問題などの様々な環境問題は、私達の日常生活や事業活動から起こるものです。宮崎綜合警備株式会社は、日常の事業活動を環境に負荷の少ないものへ変えていく事に取り組み、その定着化を図っています。そのため、日常活動を再認識し、環境に関するスローガンを掲げ、「PLAN・DO・CHECK・ACTION」のサイクルを策定し、ECOに特化した会社を目指しています。

環境宣言
環境への取り組みの意図や方向性を表明し、「環境目的・目標」の基礎になる内容を宣言します。

【環境目的・目標】

宮崎綜合警備株式会社は、豊かな自然環境に恵まれた宮崎県において警備業を営んでいます。宮崎綜合警備株式会社は、この豊かな自然環境を保全し、環境と調和した地域社会の形成に貢献する為、次の取り組みを実施します。
  1. 業務活動が環境に与える様々な影響を認識したうえで、適切な環境配慮を行う為のシステムを構築・運用し、その継続的な改善を図ります。
  2. 汚染の予防に努め、地域の環境保全に貢献します。
  3. 環境に関する法令、条例等を遵守します。
  4. 環境目的・環境目標を設定し、定期的に見直すとともに、その達成に努めます。
  5. 全ての業務目標を設定し、エネルギー利用の効率化に努めます。
  6. 資源の有効利用を図るとともに、廃棄物の発生量の削減に努めます。
この「環境宣言」は、全社員に周知させる他、それ以外の人にも開示し、その達成に努めます。

環境に影響を与える原因の特定
業務活動の内、環境に影響を与える原因となる活動を特定し、その結果を記録します。
番号 業務活動 環境に影響を与えている原因 環境への影響
1 事務室内の照明 電気の使用 天然資源の枯渇、地球温暖化
2 FAX、コピー機の使用 電気の使用、紙の使用、使用済み用紙の発生 天然資源の枯渇、地球温暖化、廃棄物の発生
3 PC、プリンターの使用 電気の使用、紙の使用、使用済み用紙の発生 天然資源の枯渇、地球温暖化、廃棄物の発生
4 水道の使用 水の使用、紙の使用、排水 天然資源の枯渇、水質汚濁
5 社用車の使用 ガソリンの使用、排出ガス 天然資源の枯渇、地球温暖化、大気汚染
6 空調設備の使用 電気の使用、音の発生 天然資源の枯渇、地球温暖化、騒音
7 部品交換作業の実施 廃交換部品の発生 廃棄物の発生
環境目標達成計画
原因を特定した後は、「環境宣言」および「原因の特定」を考慮した改善策が必要です。更に継続的改善の為には、目標達成状況を測定することが必要です。その為、達成状況を判定出来るように環境目標を可能な限り数値化し、達成までのスケジュールを明確にしていきます。
番号 環境宣言
(該当箇所)
環境目的
(中期的な目標)
環境目標
(単年度の目標)
事業所の行動内容
(具体的な方法・対策)
1 エネルギー利用の効率化に努めます。 平成23年度を基準値とし、平成26年度までに電気使用量を1.5%削減する。 【平成24年度】 平成23年度と比較して0.5%削減 1.クールビズ・ウォームビズを導入し、冷暖房温度は夏28℃、冬20℃に設定、2.照明やOA機器の電源をこまめにオフする。 3.「デマンド監視装置」を運用する。
【平成25年度】 平成23年度と比較して1.0%削減 1.クールビズ・ウォームビズを導入し、冷暖房温度は夏28℃、冬20℃に設定、2.照明やOA機器の電源をこまめにオフする。 3.「デマンド監視装置」を運用する。
【平成26年度】 平成23年度と比較して1.5%削減 1.クールビズ・ウォームビズを導入し、冷暖房温度は夏28℃、冬20℃に設定、2.照明やOA機器の電源をこまめにオフする。 3.「デマンド監視装置」を運用する。
2 資源の有効利用を図る。 平成23年度を基準値とし、平成26年度までにガソリン燃費を3%削減する。 【平成24度】 平成23年度と比較して1.0%削減 1.エコドライブ(アイドリングストップ、急発進・急加速禁止)、2.移動の際の相乗りを徹底3.軽自動車への乗換えを励行する。
【平成25年度】 平成23年度と比較して2.0%削減 1.エコドライブ(アイドリングストップ、急発進・急加速禁止)、2.移動の際の相乗りを徹底3.軽自動車への乗換えを励行する。
【平成26年度】 平成23年度と比較して3.0%削減 1.エコドライブ(アイドリングストップ、急発進・急加速禁止)、2.移動の際の相乗りを徹底3.軽自動車への乗換えを励行する。
3 資源の有効利用を図る。 平成23年度を基準値とし、平成26年度までに水使用量を1.5%削減する。 【平成24年度】 平成23年度と比較して0.5%削減 1.メインバルブ、サブバルブ、節水ゴマで水圧を調節する。2.トイレの水を調節する(例:トイレタンクにペットボトルを入れる等)
【平成25年度】 平成23年度と比較して1.0%削減 1.メインバルブ、サブバルブ、節水ゴマで水圧を調節する。2.トイレの水を調節する(例:トイレタンクにペットボトルを入れる等)
【平成26年度】 平成23年度と比較して1.5%削減 1.メインバルブ、サブバルブ、節水ゴマで水圧を調節する。2.トイレの水を調節する(例:トイレタンクにペットボトルを入れる等)
4 地域の環境保全に貢献します。 毎年2月、4月、6月、8月、10月、12月に1回市街地(例:橘通り、高千穂通り)のゴミ収集を行う。 【平成24年度】 2月、4月、6月、8月、10月、12月に市街地のゴミ収集活動を行う。 2月、4月、6月、8月、10月、12月に、橘通りと高千穂通りの清掃を行う。
【平成25年度】 2月、4月、6月、8月、10月、12月に市街地のゴミ収集活動を行う。 2月、4月、6月、8月、10月、12月に、橘通りと高千穂通りの清掃を行う。
【平成26年度】 2月、4月、6月、8月、10月、12月に市街地のゴミ収集活動を行う。 2月、4月、6月、8月、10月、12月に、橘通りと高千穂通りの清掃を行う。
教育
当社は、みやざきエコアクション認定事業所として認定されています(平成24年3月30日から平成27年3月30日)。
環境宣言や環境活動の内容を全社員に周知させ、環境上の効果を認識させる事は大変重要です。更に、業務活動から生じる環境への影響を減らすための方法を考案する上でも大切です。そこで、環境教育に関する時間を別途設け、社員への周知、教育を図っていきます。また、現在月1回ほど「安全衛生委員会」を開催しており、衛生管理者等の専門家を交えて環境対策案を立案しています。

経営者による見直し
「環境宣言」が継続的かつ有効的に作用する為には、経営者による見直しが必要だと考えています。「環境宣言」「環境目的」その他必要事項を見直し、変更点についての決定・処置等に言及していきます。
今後は、「環境宣言」および「環境目標」の実現に向けて取り組みを進めると伴に、会社を取り巻く状況や業務内容の変化、一定期間内の達成状況を反映し、必要な見直しをする事を考慮していきます。また、当該活動を継続的なものにする為にも、長期的目標を掲げ、適宜レビューを行う事が必要だと考えています。

トップページ ページの先頭へ


ホームサービス・商品セキュリティ導入手順会社案内採用情報アクセスマップお客様サポートリンクプライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (c) 2011 Miyazaki Sohgo Security Services Co.,Ltd. All rights reserved.